【まとめ】上司が出張に同行する際、気をつけるマナー9選【お願い】

人間関係

こんにちは。コバです!

今回は上司が出張に同行する際、気をつけるマナー9選を紹介します。

読者の方で

 

◆ 出張は何を準備すれば良いのだろうか
◆ 何に気をつければよいかわわからない

 

という方はいらっしゃるのではないでしょうか。

今回はそのような方向けにわかりやすく具体的に説明していきます。

最後までご覧頂き、自信をもって出張当日を迎えて頂ければと思います。

 

気をつけるマナー9選

1. 集合時間と場所は具体的に伝える

→ 地方の電車を利用する際、 集合時間については特に気をつける必要があります。

電車が30分に1本だと上司が余裕をもって1本前の電車で到着した場合、30分くらい待たせてしまう可能性があります。

具体的に「30分に1本のため、この電車でお願いします。」と依頼するようにしましょう。

また、場所についても「駅」といった漠然とした内容ではなく、「駅の〇〇口の改札を出たところの右側」など具体的に伝えましょう。

 

2. 上司より早めに到着する

→ 上司との関係性にもよりますが、余裕をもって到着するようにしましょう。

 

3. 徒歩の場合は予め道を調べる

→ 集合した後、スムーズに目的地まで案内できるよう準備しましょう。

たどり着くまでにドタバタしているようでは、「仕事ができない人」と思われてしまいます。

 

4. タクシーが常にいるか確認する

→ 地方だとタクシーの停留所がなく、遠くから呼ぶ必要があり時間がかかることがあります。

上司との合流後にそうなると迷惑になるため、事前に確認しましょう。

 

5. 食事の場所を調べておく

→ 例えば合流後に食事をとってから移動する際は、必ず近くに食事ができる場所があるか調べるようにしましょう。

もし選択肢がない場合、前後の駅含めて調べておきましょう。

 

6. 服装を気をつける

→上司と客先を訪問する際、上司は「ネクタイをしているのか」、「ジャケットを着ているのか」を確認し、同様レベルの格好をするようにしましょう。

事前にわからない場合はどの様な格好にも対応できる準備が必要です。

 

7. 現金とカード両方を準備する

→ カードだけを持っている場合、もし現金しか使えない時に困ってしまいます。

また、現金しか持っていないといざ大きな出費がある際に支払いができなくなってしまいます。

いかなる場合にも対応できる準備しましょう。

 

8. 事前に情報共有する

→ 事前にどの様な打ち合わせを行う予定なのか情報共有をしましょう。

また、現在どの様な関係性なのか、トラブルは抱えていないかも伝えておきましょう。

「迷惑をかけており、冒頭に謝罪が必要なのか」などです。

 

9. 雑談時は上司の得意な話を振る

→ 上司がどういう人なのかを知ってもらうためにも、得意な話題を振り、印象付けができるよう気遣いをしましょう。

 

まとめ

一人で出張する時と比べ、多くの準備が必要となります。

また、上司の人は他の部下と出張することもあり、ライバルと比較される機会にもなります。

移動時には普段のオフィスではできないような会話をし、距離を近づける良い機会にしましょう。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました