仕事中は何を飲むべき?【コーヒーのメリット・デメリット】

生産性

こんにちは。コバです!

早速ですが、皆さんは意識して仕事用の飲み物を決めておりますでしょうか。

それとも何となく気分で決めておりますでしょうか。

飲み物は毎日摂取する必要があるため、実は健康面や経済面と深くつながっております。

今回は仕事中に何を飲むべきかについてということでコーヒーを飲むメリット・デメリットをお話していきます。

皆さんも未来のご自身を想像し、今何を飲むべきか今一度ご検討頂ければと思います。

それでは始めさせて頂きます。

コーヒーのメリット

◆ ダイエット効果がある

→ コーヒーにカフェインが入っていることは既にご存知かと思います。

そのカフェインは脂肪の分解を促す酵素を活性化させる役割があるため、ダイエット効果にもつながっています。

 

◆ リラックス効果がある

→ コーヒーの香りをかぐことで右脳が刺激され、リラックス効果につながります。

 

◆ うつ病になる

→ コーヒーに含まれるセロトニンにより、うつ病の予防につながります。

実際に1日4杯飲んでいる人は飲まない人と比べて、うつ病の発生率が低くなっているという報告もあるそうです。

 

◆ 脳を覚醒させる効果がある

→ カフェインは中枢神経を興奮させるため、脳を覚醒させる効果があります。

効果が現れるのは1時間後くらいのため、仕事前に飲むのが良いと言われております。

 

◆ むくみ解消効果がある

→ コーヒーに含まれるカリウムにはむくみ解消効果があります。

また、カフェインにも利尿作用があるため、老廃物を排出し、むくみ解消効果につながります。

 

コーヒーのデメリット

◆ 歯が黄ばむ

→ コーヒーを飲むと歯が黄ばむため、不潔に見えます。

こまめに歯磨きをしたりするなど対策が必要になります。

 

◆ 妊婦にはリスクがある

→ カフェインは胎児の成長に悪影響を与える可能性があると言われております。

妊娠中の場合はカフェインが入っていないものを飲むようにしましょう。

 

◆ 睡眠の質を悪化させる

→ メリットとして脳を覚醒させる効果があると書きましたが、逆に睡眠の質を悪化させることがあります。

睡眠の5~6時間前にはコーヒーの摂取を終えるようにしましょう。

 

◆ 口が臭くなる

→ コーヒーに含まれる「タンニン」と「クロロゲン酸」という成分が口の中の舌に付着することで口臭が悪くなります。

口の中を水で洗い流したりすることで、口臭予防につながります。

 

◆ 胃を荒らす可能性がある

→ 空腹時や大量にコーヒーを飲むことで、胃を荒らし、胃潰瘍や胃炎を引き起こす可能性があると言われています。

コーヒーの飲み方には十分注意しましょう。

コーヒーを飲む注意点

◆ 1日あたり3杯程度に

→ 前述の通り、カフェインを摂取しすぎると睡眠の質が下がったり、胃を荒らすなど健康に悪影響を与えます。

飲む量には十分注意しましょう。

 

◆ 子供はなるべく飲まないように

→ 子供はカフェインを取ると大人以上に悪影響が出る可能性があります。

 

◆ 飲む時間に注意

→ 眠気覚ましの場合は仕事前などに飲むようにし、就寝前は避けるようにしましょう。

 

まとめ

今回はコーヒーについてでした。

メリット・デメリットそれぞれたくさんあるのが、コーヒーです。

ぜひご自身でコーヒーを飲むべきか検討頂ければと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました