【簡潔で即わかる】菅首相とは?【人物紹介No.1】

生産性

こんにちは。コバです!

今回は新シリーズの【人物紹介No.1】ということで第99代内閣総理大臣”菅義偉”さんを紹介します。

 

(SankeiBiz引用)

新シリーズではあまり堅苦しくなく、日々の雑談で使えそうな豆知識のような位置づけで話題の人物を紹介していきたいと思います。

明日からの会話のネタとして使用頂けると幸いです。

それでは始めさせて頂きます。

 

菅 義偉さんとは

◆ 1948年生まれ、72歳(20年時点)

→ 多くのサラリーマンが仕事を引退している72歳で日本の内閣総理大臣になり、バリバリを働く姿勢はすごいですね。

 

◆ 秋田県湯沢市出身(当時は別地名)

→ 都会育ちではなく、地方出身で内閣総理大臣まで登りつめたことがわかります。

 

◆ 実家は教員一家で、イチゴ農家の長男

→ イチゴ農家出身とは意外ですね。

 

◆ 小中学校時代は野球チームに所属

→ 昔は野球小僧であり、秘書時代に結成した軟式野球チーム「菅クラブ」は現在でも活動をしているそうです。

 

◆ 法政大学法学部政治学科へ進学

→ 授業料が最も安かったという理由で法政大学へ進学。

学生時代は警備員、カレー屋などでアルバイトを経験。

4年間空手部に所属し、三段の段位を取得している。

 

◆ 「令和おじさん」と親しまれる

→ 記憶に新しい方は多いかと思いますが、新元号「令和」を発表したため一部の方から「令和おじさん」と呼ばれ、親しまれております。

 

◆ 好物はパンケーキ

→ 大の甘党

 

まとめ

皆さん、いかがだったでしょうか。

内閣総理大臣となると一生会うことのない雲の上の存在に感じますが、学生時代はアルバイトをしていたり、パンケーキが好物であったりなど共通点はたくさんあります。

いつか使えるかもしれない豆知識として頭に入れといてもらえればと思います。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました