サウナで「ととのう」メリット、効果的な入り方は?【脳にも肌にも良い】

生産性

こんにちは。コバです!

今回はサウナで「ととのう」メリット、効果的な入り方について紹介します。

現在、サウナのプチブームが起こっていることはご存知でしょうか。

私が尊敬しているマコなり社長をはじめ、ヤフーCEOの川邊さん、EXILEのTAKAHIROさん、お笑い芸人松本人志さんなど各界のエリートがサウナを好んでおります。

あまりサウナが好きではない方にとっては

 

◆ ただ暑くて苦しいだけ
◆ 水風呂は冷たくてただの修行

 

と思っている方は多いのではないでしょうか。

そこで今回はサウナで「ととのう」メリット、効果的な入り方についてまとめました。

最後までご覧いただき、一人でも多くの方にサウナを好きになってもらえたら幸いです。

本記事は『医者が教えるサウナの教科書–ビジネスエリートはなぜ脳と体をサウナでととのえるのか?』を参考にしております。

もし興味ありましたらご一読ください。

 

 

サウナで「ととのう」メリット

◆ 脳疲労が取れる

→ サウナに入ることで無理やり脳を休ませることができます。

高温のサウナ、冷たい水風呂2連発を体験することで体は戦闘状態になり、脳の動きは停止します。

現代はスマホの普及により、人間は常に何かを考えている状態で疲労が取れにくくなっています。

サウナ、水風呂を活用することで、強制的に脳を休ませる様にしましょう。

また体温が上がり血流が良くなることで、老廃物が押し出されるという効果もあります。

◆ 記憶力、集中力がUPする

→ サウナに入ることでα波が正常になり、記憶力と集中力が向上します。

 

◆ アイデアが湧きやすくなる

→ サウナに入ることでβ波という脳波も整うことからアイデアが湧きやすくなります。

 

◆ その他メリット

→ その他メリットとして「メンタルの安定」、「睡眠の質向上」、「体の疲労回復」、「肌がきれいになる」、「痩せやすくなる」なども挙げられます。

サウナに入ると自律神経が整うことで血流が良くなり、代謝も良くなります。

この様にサウナには数え切れないほどのメリットがあります。

 

サウナの効果的な入り方

まずサウナとは「サウナ」、「水風呂」、「外気浴」の3つで1セットとなっております。

どれか一つでも欠けると効果は半減するので、ご注意ください。

 

◆ 移動は素早く

→「サウナ」~「水風呂」~「外気浴」のそれぞれの移動時間はできる限り短くしましょう。

※もちろん走ったりや汗を流さないなどマナー違反にならないよう範囲でお願いします。

 

◆ それぞれ適切な時間で

→ サウナは5~10分、水風呂は数十秒~2.3分、外気浴は5~10分が目安となります。

もちろんご本人の体調優先でお願いします。

 

◆ 外気浴では横になる

→ 外気浴をする時はできる限り横になりましょう。

血液が全身をめぐりやすくなり、効果が増します。

施設によっては横になるスペースがないため、その場合は座るようにしましょう

◆ 3~4セット行う

→「サウナ」~「水風呂」~「外気浴」を3~4セット繰り返しましょう。

 

まとめ

この様にサウナには体にも脳にもたくさんのメリットがあります。

これは各界のエリートが好む理由とつながっていると考えられます。

この本には今回の内容以外にも細かいポイントがたくさん載っております。

よりサウナを極めたい方、ぜひ手にとってみてください。

私自身、昔は水風呂が嫌いでサウナは控えておりました。

ただ、多くのエリートがサウナ好きであることを知り、正しい方法で利用してみるとものすごい快感を感じ、今では週に1回のペースで通っております。

皆さんにもぜひ一度は快感を体験して頂きたく、勇気を出して訪問してみてください!

 

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました