【Outlook】必ず覚えたい便利ショートカットキー【超基本】

生産性

おはようございます!コバです!

今回はOutlookユーザー必見、便利なショートカットキーについてご紹介します。

読者の方で

 

日々パソコンとにらめっこしている
今後入社だが、PCの使い方に自信がない

 

という方は多いのではないでしょうか。

今回はその様な方向けにOutlookの便利なショートカットキーについて紹介します。

私自身も毎日Outlookを使用しており、多くの時間Outlookの画面とにらめっこをしております。

ショートカットキーを覚えるだけで、仕事の効率は格段にあがります。

ぜひ最後までご覧頂き、マスターしてもらえればと思います。

また、PC操作の効率を上げる方法としてマウスを使用しないことも紹介しております↓

ショートカットキーをマスターすることと相乗効果があるので、ぜひ併せてご覧ください↓

 

【できる人の絶対条件】PC操作の生産性を100倍上げる方法
仕事ができる人が必ずやっているPC操作の方法です。

 

今回は『アウトルック最速仕事術』を参考にしております。

より深く勉強したい方はぜひ読んでみてください。

便利ショートカットキー

◆ 選択したメールを開く ⇒ [Enter]

→メール画面は矢印キーで移動することができ、[Enter]を押すことで選択したメールを開くことができます。

◆ 開いているメールを閉じる ⇒ [Esc]

→[Enter]で開いたメールを[Esc]で閉じることができます。

わざわざ右上の☓印にカーソルを合わせる必要がなくなります。

 

◆ 送信者にのみ返信する ⇒ [Alt] + [R]

→[Alt] + Replyの[R]を押すことで送信者のみに対する返信画面へ移動します。

 

◆ 全員へ返信する ⇒ [Alt]+[L]

→全員に返信したい場合は[Alt]+[L]です。

 

◆ メールを転送する ⇒ [Ctrl] + [F]

→メールを転送したい時は[Ctrl] +Forwardの [F]です。

 

◆ メールを送信する ⇒ [Ctrl] + [Enter]

→[Alt] + [S]でも送信可能です。

 

◆ メール内の宛先、CC、件名欄を移動 ⇒ [Tab]

→メール作成画面内を移動する際は[Tab] を押すと素早く移動します。

わざわざ枠内でクリックする手間が省けます。

また、[Tab] +[Shift」で逆の動きをします。

 

◆ メール画面へ切り替え ⇒ [Ctrl] + [1]

→予定表等からメール画面へ切り替える時に使います。

 

◆ 予定表へ切り替え ⇒ [Ctrl] + [2]

→メール画面から予定表へ切り替える時に使います。

 

◆ トレイを選択 ⇒ [Ctrl] + [y]

→メール画面にて[Ctrl] + [y]を押すことで、受信トレイ、送信トレイなどへ切り替えることができます。

 

◆ メール検索  ⇒ [Ctrl] + [E]

→メール画面で押すことで、検索をすることができます。

 

まとめ

今回は超基本的なショートカットキーについてご紹介しました。

Outlookユーザー必見の内容となっておりますので、ぜひマスターしてみてください。

おすすめのマスターの仕方は机の見えるところにショートカットキー一覧を置いて、常に見えるようにすることです。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました