【QOL向上】買って良かった便利グッズ【完全ワイヤレスイヤホン】

生産性

こんにちは、コバです!

今回はQOLが向上する買って良かった便利グッズを紹介します。

早速ですが、それは「完全ワイヤレスイヤホン」です!

既に多くのガジェットブロガー、YouTuberが紹介しておりますが、とにかく「快適」の一言です。

読者の中にはいまだ有線のイヤホンを使っている方は多いのではないでしょうか。

実際、有線を使っている方は

 

◆ 特に不便は感じていない
◆ 100円のイヤホンでも十分

 

と考えている方も多いかと思います。

私自身もつい最近までそうでした。

100円ショップのイヤホンで満足しており、「わざわざ高い完全ワイヤレスイヤホンなんていらない」と思っておりました。

ただ、正直一度でも完全ワイヤレスイヤホンを体験頂ければ、有線には戻れない快適さを感じるかと思います。

この快適さを知らずに過ごすことは、「人生損している」といっても過言ではありません。

それでは完全ワイヤレスイヤホンのメリット・デメリットを紹介していきます。

ぜひ購入を検討頂ければと思います。

 

 

完全ワイヤレスイヤホンのメリット

◆ ケーブルが絡まない

→ 有線のイヤホンを使っているとよくケーブルが絡み合って、解くのが面倒なことがあります。

ただ、完全ワイヤレスイヤホンであれば、そういった心配・手間はなく余計な時間を消費しなくて済みます。

また、わざわざキレイに結ぶ必要もなくなります!

 

◆ 断線の心配が必要ない

→ 有線だとどうしてもケーブルの扱いに困り、誤って断線させてしまうことがあります。 

それが完全ワイヤレスであれば、ケーブル自体がなくなるので、心配がいりません。

 

◆ ケースが充電器になる

→ 有線であれば不要ですが、 完全ワイヤレスイヤホンだと充電が必要になります。

面倒に感じた方もいらっしゃるかと思いますが、特に心配は必要ありません。

基本的にワイヤレスを購入すると、ケースもセットで付いていきます。

そのケースが充電器にもなっており、イヤホンをケースに入れておくだけで勝手に充電されます。

そのため、ケース自体の充電は必要になります。

ただ、スマホみたいに毎日家に帰って充電したり、帰り道には充電がなくなってしまうようなことはなく、ほとんど手間はかかりません。

 

◆ 近くに再生機器がなくても聞ける

→ 有線だと少し移動する際もスマホなどの再生機器を持ち歩かなくてはいけません。

ただ、完全ワイヤレスイヤホンだと(種類にもよりますが)数m以内ならわざわざ持ち歩く必要がありません。

例えば、キッチンで家事をしていて急にトイレに行きたくなったときや家を掃除する際などに持ち歩く必要がなくります。

些細なことに聞こえるかもしれませんが、非常に快適です。

 

◆ 運動中に使いやすい

→ 有線だとランニングの際、ケーブルに手が引っかかってしまい、イヤホンが外れてしまう経験はないでしょうか。

完全ワイヤレスイヤホンだとその心配がなくなり、運動中も快適です。

同様にジムで筋トレをする時も完全ワイヤレスイヤホンのほうが圧倒的に使い勝手がいいです。

 

完全ワイヤレスイヤホンのデメリット

◆ 充電が必要

→ 上記でお伝えしたとおり、充電が必要になります。

 

◆ 紛失しやすい

→ 非常に小さいため、落としても気づかないこともあり、有線より紛失しやすいです。

まとめ

以上が完全ワイヤレスのメリット・デメリットになります。

個人的にはメリットがデメリットを大きく上回り、買わないと損する便利グッズです。

音質自体はものによって異なるため、購入前にレビューなどを確認するようにしましょう。

私自身も完全ワイヤレスイヤホンを購入しましたが、「本当に買って良かった」と感じています。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました