【基本】入社前に覚えたいビジネス用語一覧【カタカナ編】2/3

生産性

こんにちは。コバです!

今回は前回に続き「社会人が入社前に覚えたいビジネス用語一覧(カタカナ編)」を紹介します。

紹介したい用語がたくさんあるため計3回に分けており、今回は第2弾です!

ぜひ下記記事も併せてご覧ください!

 

 

ビジネス用語一覧【カタカナ編】

◆ ニアリーイコール

【意味】 
→ 「ほとんど」や「ほぼ同じ」など。

【用例】
→ 前回と今回の試験結果は「ニアリーイコール」。

 

 ◆ ニッチ

【意味】 
→ 「すきま」など誰もいない場所などを指す。

【用例】
→ 弊社は食品業界の「ニッチ」な市場獲得を狙う。

 

◆ ネゴ

【意味】 
→ ネゴシエーションの略で意味は「交渉」や「折衝」など。

【用例】
→ 営業部に所属すると「ネゴシエーションスキル」が向上する。

 

◆ ノウハウ

【意味】 
→ knowとhowをつなぎ合わせた言葉で「実際的な知識」、「技術情報」など。

【用例】
→ 営業「ノウハウ」は他社へ公開できない。

 

◆ バジェット

【意味】 
→ 「予算」など。

【用例】
→ 注文できるかどうかは「バジェット」次第。

 

◆ バッファ

【意味】 
→ 「余裕」や「予備」など。

【用例】
→ 「バッファ」を含んだスケジュールを立てる必要がある。

 

◆ ヒヤリハット

【意味】 
→ 問題には直結しなかったが、「ヒヤリとした」、「ハッとした」といった経験を指す。

【用例】
→ 「ヒヤリハット」の段階で上長へ報告することは非常に重要である。

 

◆ フィックス

【意味】 
→ 「固定する」や「確定する」など。

【用例】
→ 工程が「フィックス」したら連絡致します。

 

◆ プライオリティ

【意味】 
→ 「優先順位」や「優先度」など。

【用例】
→ 「プライオリティ」が高いものから業務を行う必要がある。

 

◆ ブラッシュアップ

【意味】 
→ 「精度を高める」や「完成度を高める」など。

【用例】
→ 資料を「ブラッシュアップ」した上で上司にて提出する。

 

◆ ブレスト

【意味】 
→ ブレーンストーミングの略で会議にて自由にアイデアや意見を出し合うこと。

【用例】
→ 「ブレスト」で意見を出し、問題解決を図る。

 

◆ プロパー

【意味】 
→ 「自社の社員」や「生え抜きの社員」など。

【用例】
→ 彼はプロパーのため、愛社精神が強い。

 

◆ ベストプラクティス

【意味】 
→ 「成功事例」や「最高の事例」など。

【用例】
→ 「ベストプラクティス」を見つけ出し、次回からの営業活動に活かす。

 

◆ ペンディング

【意味】 
→ 「先送り」や「保留」など。

【用例】
→ A案件は一旦「ペンディング」して、B案件に力を注ぐ必要がある。

 

◆ ボトルネック

【意味】 
→ 「業務が滞らせる原因」など。

【用例】
→ 現在はA工程が「ボトルネック」のため、改善が必要である。

 

まとめ

どれくらいご存知だったでしょうか。

上記用語は基本的なものになるため、もっと知りたいという方はぜひ検索してみてください。

↓その他記事はこちら↓

 

 

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました