【基本】入社前に覚えたいビジネス用語一覧【カタカナ編】3/3

生産性

こんにちは。コバです!

今回は前回に続き「社会人が入社前に覚えたいビジネス用語一覧(カタカナ編)」を紹介します。

紹介したい用語がたくさんあるため計3回に分けており、今回が最終回です!

ぜひ下記記事も併せてご覧ください!

 

 

ビジネス用語一覧【カタカナ編】

◆マージン

【意味】 
→ 「売買益」や「利ざや」、「販売手数料」など。

【用例】
→ あの商社は「マージン」を取りすぎるため、関わりたくない。

 

◆ マイルストーン

【意味】 
→ プロジェクトを完了させるための中間目標地点。

【用例】
→ 適切な「マイルストーン」設定がプロジェクト完成の鍵。

 

◆ マター

【意味】 
→ 「担当、課題、問題」など。

【用例】
→ これについては技術部「マター」のため、対応をお願いします。

 

◆ メンター

【意味】 
→ 「指導者」や「助言者」など。

【用例】
→ 良い「メンター」に出会うことで成長できる。

 

◆ リードタイム

【意味】 
→ 「製品発注から納入までの時間」など

【用例】
→ 飛行機の製造「リードタイム」は非常に長い。

 

◆ リスクヘッジ

【意味】 
→ 「危ないことを回避する」など

【用例】
→ 投資をする上では「リスクヘッジ」は非常に重要。

 

◆ リスケ

【意味】 
→ リスケジュールの略で、日程を変更すること。

【用例】
→ 来週のミーティングは「リスケ」にしましょう。

 

◆ ローンチ

【意味】 
→ 新しい製品やサービスを世の中に出すこと。

【用例】
→ A社の「ローンチ」されたサービスは非常に安い。

 

◆ ドラフト

【意味】 
→ 「下書き」や「仮書類」など。

【用例】
→ まずは契約書の「ドラフト」を作成する。

 

◆ トップダウン

【意味】 
→ 会社のトップが意思決定を行い、それが現場社員へ指示すること。

【用例】
→ この会社は「トップダウン」で運営されている。

 

◆ ボトムアップ

【意味】 
→ 現場社員からの提案を基に、トップが意思決定していくこと

【用例】
→ 「ボトムアップ」で会社を改善していく。

 

まとめ

どれくらいご存知だったでしょうか。

上記用語は基本的なものになるため、もっと知りたいという方はぜひ検索してみてください。

↓その他記事はこちら↓

 

 

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました